7/22 石巻一箱古本市に参加しました

 石巻一箱古本市は、行くのは3年振り、出店は3度目。

 当日は午後から大雨の予報が出ていたのですが、午前中はそんな気配は感じられない良いお天気でした。「暑いかな?」と思いきや、風があってそうでもなく、吹く風に潮の香りが漂うのが港町らしい。

 石巻一箱古本市は、石巻駅から歩いてすぐのところにある商店街の店先や空き地など数か所に出店するスタイル。古本を見ながら街巡りができるのが楽しいイベントです。

 更に今回は、リボーンアートフェスティバルや商店街の夜祭りとも日程が重なった為、街全体が華やいでいる感じでした。

 

 マト文庫の出店場所は、駅から商店街通りに入って少し歩いたところにある「ASATTE」さんでした。前に来た時はなかったような……? と思ったら、去年秋にオープンしたとのこと。レストラン&石巻や東北の海産物を中心とした特産品のショップです。

f:id:pareidolie:20170805001543j:plain

 今回は他のイベントで来ていた人もいたからか、開始直後が混み合いました。

 商店街が会場だと、古本市とかあまり興味ないけど、散歩してたら何かやってるから寄ってみた、という感じのお客さんが多い気がしますね。そのくらいの距離感のイベントって良いなぁ。

 お昼になって来客がひと段落着いたので、「ASATTE」内のレストランで昼食。隣のお客さんがビール飲んでたけど、それは我慢してオムハヤシのみです。甘さ控えめの大人の味で美味しかった。

f:id:pareidolie:20170805001552j:plain

  さて、後半戦はどうかなー、混むかなー、と思いきや、まったりモードに切り替わったのか人足まばら……。午後から雨の予報だったせいもあり、何だか雲行きも怪しくなってきたので、雨が降る前に他のお店を見て回りました。

 マスコットを買った方には民謡を歌います! というお店(買わなかったことを少し後悔している)や、香港・台湾文化について熱く語った冊子を売っているお店や、手作りのガチャガチャ装置のあるお店(中身も海●堂ばりに精巧)など、「そのアイディアと情熱はどこから湧いてくるんだ?!」という中々濃い店揃いで楽しかったです。

 

 商店街も3年前とはだいぶ変わって、新しい建物も増えていました。店番していた地元のスタッフさんからは、「この一帯も全部取り壊して、商業ビル兼マンションも建つ予定なんですよ。新しいのと古いのがごちゃごちゃですけどね」という話も聞きました。

 震災直後にボランティアでこの商店街を通った時はようやく車がすれ違える程度で、後は漁船やバイクやありとあらゆる物が路肩に山のように堆積しており、「ここが元に戻るのに、一体どれほどの時間と労力がかかるのか……」と呆然とした覚えがあります。

 古本市を通して、壊れていた店が修復されて再開していたり、逆に更地になっていたり、少しずつの変化は感じていましたが、3年振りに来てみて復興とは「元に戻す」のではなく「新しく作り変える」のだなと実感しました。

 色々あるだろうけど、住んでいる人たちにとって暮らしやすい街になっていけば良いなと思います。

 (今回やけに文字ばかりなのは、前日夜更かししていつも以上にぼんやりしており写真を撮り忘れていたためです……)

5/5 一箱古本市in山形に参加しました

 ひと月くらい前ですが、山形の一箱古本市に参加したことなど。

  仙台で一箱古本市が開催されていた頃は、ほぼ毎回参加していました。が、一昨年で終了して以来、しばらく遠ざかっていました。

 ネットで山形でも一箱古本市を開催すると知り、「よし、行ってみるか!」と久し振りに参加することに。前日の夜までしおりやオビ文を必死に作成する(書店員やってた頃でも、こんなに大量のオビ文は書いたことないよ…)。

f:id:pareidolie:20170614114337j:plain

 

 さて、開催日の5月5日。天気は快晴!

 鯉のぼりも青空を気持ち良さそうに泳いでいました。

f:id:pareidolie:20170614114401j:plain

 会場は山形市の中心街にある、山形まなび館。元は小学校でしたが、今は文化施設になっています。外壁のデザインがレトロで、近代建築好きにはグッとくる建物です。古本市はまなび館の入り口で開催していました。

 会場に着いたのが開始10分前だったので、汗だくになりながら急いで店開き。

f:id:pareidolie:20170614114420j:plain

 この日は近くの商店街で子どもの日のイベントが開催されていたそうで、お子さん連れのお客さんが多かったですね。なので、人足はのんびり。仙台の古本市だと、お客さんが次々来て「合計金額は? お釣りは?! あわわわ…!!」となりがちなんですが、山形だとお客さんともゆっくり話せるし、お客さんが来ない時はふらっと店を抜けてブラブラ他の店を見に行ったりできるのが良いです。

 時には、アイドルの撮影会になったり。モフモフ…!

f:id:pareidolie:20170614114442j:plain

 今回の戦利品。「こんなの売れないと思ってた…」と店主さん。むしろ、古本市じゃなければ出会いそうもない一品ですよ。もったいなくて使えない(笑)。

f:id:pareidolie:20170614114459j:plain

 帰りの電車の時間が迫っていたので、残念ながら打ち上げには参加できなかったのですが、楽しい一日でした! やっぱり本屋は楽しい。スタッフの方たちも気さくな方で、初めて参加でも楽しく過ごせました。ありがとうございました!

 

(余談:私の店は日陰だったので、日焼け対策を怠っていたら。ガッツリ日焼けしてました…。紫外線、恐るべし)

再開しました

 以前同じタイトルで読書ブログを書いていましたが、しばらく放置しているうちにログインできなくなってしまったので、こちらで再開しました。

 読書の感想と、本に関するイベントの話なども書いていこうかと思います。

  よろしくお願いします。